輸血拒否に対する基本方針について

輸血拒否に対する基本方針について

1.医療法人新青会では、輸血拒否に対して「相対的無輸血」(輸血が生命の維持に必要な場合には輸血を行うこと)を基本方針とします。

2.「宗教的信念による輸血拒否」に対しては患者様個人の権利として尊重し、相対的無輸血治療のために最善の努力をつくします。

3.相対的無輸血についての当院の方針を十分に説明し、患者様の自己決定を尊重します。絶対的無輸血(輸血が生命の維持に必要な場合でも輸血を行わないこと)を希望される場合には、対応できる医療機関への転院をお勧め致します。

4.相対的無輸血についての説明を受けた上で当院での治療を選択された場合、輸血が生命の維持に必要な必要になった時は担当医の判断で、輸血の同意・署名が得られなくても、意識の有無、年齢に関わらず輸血を実施させて頂きます。

5.救急搬送された場合や院内での予期せぬ急変の場合など、時間的余裕がなく絶対的無輸血に対応する医療機関への転送が不可能で、輸血が救命に必要な時には、緊急避難的に輸血をさせて頂きます。

6.絶対的無輸血治療に同意する「免責証明書」の発行および署名は一切致しません。

2020年2月1日
医療法人新青会 理事長