消化器センター(消化器内科)

消化器内科ご紹介

 消化器内科では以下のように消化管(食道・胃・小腸・大腸)、肝臓、胆道、膵臓などの病気に対する診療をしております。
 腹部に何らかの症状を抱えてお悩みの方は一度相談にいらして下さい。

主な対象疾患

<消化管疾患>
●消化管腫瘍(ポリープ・癌)の診断・内視鏡治療・化学療法
近年早期癌に対して、より侵襲の少ない内視鏡下切除が広まっております。
当院でも従来の粘膜切除術(EMR)に加え、状況に応じて大きな病変に対しては粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。
切除不能進行がんに対する化学療法(抗がん剤治療)は、化学療法・緩和医療にて対応させて頂きます。

●消化管出血
潰瘍などからの出血に対する緊急内視鏡は、日勤帯で随時対応していきます。
ご連絡いただければ状況に応じて適切な対応させて頂きます。

●逆流性食道炎・機能性胃腸障害・過敏性症群
「胸やけがする・胃がもたれる・お腹がはる・下痢や便秘で悩んでいる」などの症状があるのに、内視鏡検査では異常がなかった・・。このような方のなかにはストレスや生活習慣の乱れなどによる腸管機能異常が原因のことがあります。一度外来でご相談下さい。

●炎症性腸疾患
腹痛・下血・下痢などの症状が持続的に起こっている方の中には、腸管へ慢性的な炎症が起こっていることがあり、炎症性腸疾患と呼ばれています。
詳細な原因は現在のところ不明です。潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患につきましては薬物療法に加え白血球除去療法(LCAPやGCAP)や生物学的製剤の治療も検討していきます。

<肝臓疾患>
●慢性ウイルス性肝炎・肝硬変 肝細胞がん
慢性B型肝炎やC型肝炎は抗ウイルス療法などによる治療を行っていきます。
その他の慢性肝障害につきましても、患者さんとご相談させて頂きながら適切な治療を提供させて頂きます。
肝細胞がんについては患者さんの肝臓の状況に応じ、血管造影や肝動脈塞栓術・ラジオ波焼灼療法等を行います。

<胆・膵疾患>
●胆嚢炎・胆管炎や胆石・総胆管結石
早期の内視鏡検査と治療(内視鏡的逆行性胆管造影:ERCP 結石治療 ドレナージ)を行います。胆道が閉塞しているような状況では早期のドレナージを考慮致します。

主な手術・治療/実績

内視鏡検査数

内視鏡検査数(上部・下部)

教育・研修

日本消化器内視鏡学会 指導連携施設(施設No.20190023)

スタッフ紹介

氏名 林 康博
よみがな はやし やすひろ
役職 部長
主な資格 医学博士
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医
氏名 小島 直紀
よみがな こじま なおき
役職 医長
主な資格 日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医

消化器センター(消化器内科)のお知らせ

お知らせ