先輩の声

どんな働き方をしているの? 働く環境はどうなんだろう? キャリアアップは?
実際に院内で働く先輩たちの声をご紹介します。

看護部長 田中義子

HCU 新人看護師

自分がどんな看護ができるか
日々考え実践することにやりがいを感じます。

 HCU病棟は主に心筋梗塞や心不全など循環器疾患や人工呼吸器を使用している患者さん、救急車で搬送されてきた患者さんなど急性期における方が多く入院されています。
 HCU病棟に入院される患者さんは治療優先のため主にベッド上が生活の場になります。また、器械類が身についているので患者さんへの苦痛が大きいです。
 そんな中で自分がどんな看護ができるか日々考え実践することにやりがいを感じます。
 患者さんは主に急性期なので入職当初は自分にできるか不安なことばかりでしたが先輩スタッフの方が丁寧に教えて下さるので現在では自分でできることも増えました。
 まだまだ経験不足なこともありますがこれから知識や看護技術を身につけていき、患者さんのことを第一に考えられる看護師になりたいです。

3年目看護師

3年目看護師

各自のスピードに合わせた指導や
先輩看護師・医師・コメディカルのサポートのもと、
実践出来る業務も増えてきました。

 私は、卒後3年目になります。新卒で手術室に配属され、整形外科・外科をはじめとし各診療科の手術に携わってきました。その後、混合外科病棟に配属され半年が経ちます。
 混合外科病棟というと、忙しそう・処置が多くて大変そうなどのイメージがあると思います。
私も、混合外科病棟に配属された当初は手術室業務と異なる環境で、先輩看護師達のように動けるか不安でいっぱいでした。しかしながら、各自のスピードに合わせた指導があり、先輩看護師・医師・コメディカルのサポートのもと、今では実践出来る業務も増えてきました。
 混合外科病棟ならでは、幅広い分野の経験が出来てやりがいを感じられます。
当院の混合外科病棟では、明るく声を掛けやすい雰囲気で、職員同士互いに協力し支え合いながらチームで患者さんに看護を提供しています。
 今後は、手術室での経験を生かし、術前から術後まで患者さんに寄り添う看護を提供したいと思っています。

中堅看護師

中堅看護師

業務内容や現在の立場も変わり、患者さんのことを
さらに考えることができるようになりました。

 今年で看護師6年目になり、業務内容や現在の立場も変わり、患者さんのことをさらに考えることができるようになりました。
 4年目の時に新人看護師の指導者を1年間行い、業務の幅が広がり、やりがいを感じるとともに中堅看護師としての自覚ができるようになりました。また、リーダーを行うことが多くなり、病棟全体を視野に入れ1日1回は患者さんと会話することで、現状を知る事ができています。リーダーという業務は重たく感じると思いますが、リーダーだからこそ見えてくることもあり、やりがいにつながります。
 今まで続けてこられたのは病棟スタッフや、他職種のおかげだと感じており、職場環境の大切さを実感できています。
 また、褥瘡に対しての興味があり皮膚排泄ケアの認定看護師を目標としています。病院側でもサポートしていただけるため、更にやりがいを感じています。

実習指導者

実習指導者

患者さんとの関わりを通して
看護のすばらしさや少しでも実習が楽しかったと
感じてもらえるよう奮闘しています。

 新卒で入職してから7年目となりました。
 2年ほど前からは当院に来る看護学生の実習指導をしています。学生にとって実習は緊張の連続で辛いものになりがちですが、患者さんとの関わりを通して看護のすばらしさや少しでも実習が楽しかったと感じてもらえるよう奮闘しています。学生を通して自分自身が学ぶこともたくさんあり充実した日々を送っています。
 これまでにたくさんの患者さんや家族との出会いがありました。入院期間が短くなっている今だからこそ、患者さんや家族の訴えに耳を傾け、少しでも苦痛の少ない入院生活になるよう「手」を通じた看護ができたらいいなと思っています。そのためにも職種を超えたチーム医療ができるようスタッフ間のコミュニケーションも大切にしています。地域医療を担う病院だからこそできる看護がここにはあると思います。これからも患者さんや家族の気持ちに寄り添える看護師を目指して頑張りたいと思います。

病棟主任看護師

病棟主任看護師

風通しが良く活気のある病棟であり続けられる様に
働きかけています。

 外科混合病棟で主任として勤務しています。
 平成25年11月に新病院の移転に合わせて一般・消化器外科病棟から、耳鼻科・皮膚科・眼科・消化器内科を含めた混合病棟になりました。当時はスタッフ全員が慣れない業務で緊張の連続でしたが、幅広い処置にもスマートに対応できるようになりました。
 主任としては、新人をはじめ中途入職者のスタッフが働きやすく楽しく仕事ができるように気にかけながら接しています。自分自身が新人時代に苦戦した日々を思い出しながら、どう説明されたら分かりやすいか?どんな場面で声を掛けられたいのか?風通しが良く活気のある病棟であり続けられる様に働きかけています。
 また自身の事としては7月に育児休暇から復帰しました。慣れない育児と仕事の両立の難しさに直面している真最中です。上司・スタッフの協力に感謝しながらママさんナースとしても頑張っていきたいです。