耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科では中耳炎、副鼻腔炎、扁桃炎といった
ありふれた疾患はもとより、
口腔、頸部、唾液腺、甲状腺、めまい、外傷も
診療の対象にしています。

診療について

診察には顕微鏡や内視鏡を用い、必要に応じてCTさらにはMRIも撮影しています。他の疾患もそうですが、発症後時間がたっていないほど、程度が軽いほど、予後は良好です。 めまい・耳鳴・難聴の診断と治療、頭頸部がんの早期診断、アレルギー性鼻炎の治療にも力をいれています。

耳鼻咽喉科のお知らせ

お知らせ